アウルコート写真集

癒し課

ふくろうの家だより

ふくろうの家だより

入居者基金とは

「アウルコート真駒内」は、
公益社団法人 全国有料老人ホーム協会の会員です。

全国有料老人ホームは、利用者の保護と、ホームを設置・運営する事業者の健全な発展を図ることを目的に設置された、厚生労働大臣許可の社団法人です。

公益社団法人 全国有料老人ホーム協会 のホームページはこちら

○全国有料老人ホーム協会のおもな事業

●入会審査・基金加入審査

協会への入会と基金への加入を、国で定める「有料老人ホーム設置運営標準指導指針」などにもとづいた「協会入会基準」により、設置主体、建物構造設備、事業計画、職員の配置などが適切かどうかを審査しています。

●苦情処理委員会

ホームにご入居の方の苦情解決をおこなっています。

●調査研修事業

標準入居契約書の作成や介護保険にかかわる調査などを実施しています。

●研修事業

有料老人ホームの職員を対象とした研修事業に取り組んでいます。

●有料老人ホームの情報提供とサービス評価および情報開示

有料老人ホームの情報を求めている方に、入居相談、情報誌の発行、全国各地でのセミナーなどを実施。

第三者機関にによるホームのサービスなどの評価や情報開示をおこなっています。

○入居者基金制度

「アウルコート真駒内」も加入しています。

●有料老人ホーム入居者基金制度は、「入居者の終身利用権にかかわる債務保証事業」などを運営するために。平成3年に全国有料老人ホーム協会」に設置されました。

●この制度は、事業者が基金に拠出金を支払うことで、万一ホームの倒産によって入居者のすべてが退去せざるを得なくなり、かつ入居契約が解除された場合に、入居者の方が一人あたり500万円の損害賠償金がこの基金から支払われる制度です。